意外と知らない毛穴の対策

毛穴のタイプとそのケア方法

かさつき毛穴

かさつき毛穴とは、肌が乾燥し、皮膚が固くなると同時に、毛穴がかさついた状態のことをいいます。かさついた毛穴はよく目立ってしまいます。この、かさつき毛穴の原因としては間違った洗顔や紫外線などによる、肌の乾燥と考えられます。

洗顔時に強い洗顔料やクレンジングを用いたり、熱いお湯で流したりすると、お肌を保湿するためにバリアをはっている皮脂まで洗い流してしまいます。その結果、お肌は乾燥してしまいます。

また、紫外線というのはお肌の水分を奪います。夏場など半袖で外に出たときなど、直接紫外線を浴びてしまうと、お肌の水分はどんどんと失われていってしまいます。そのまま放置しておくとお肌は乾燥してしまい、毛穴がかさつき、毛穴が目立ってしまいます。

かさつき毛穴のケア方法で大切になってくるのは、お肌の保湿です。かさつかないようにお肌を潤おしてあげておく必要があります。洗顔後など、お肌の水分と油分が失われているときに、化粧水などを用いてお肌に水分を与えてあげます。その後は、セラミドやヒアルロン酸を配合した美容液やクリームを用いてお肌を潤おしてあげてください。

このようにお肌を保湿して、お肌自体の水分量をあげてあげることによって、角質はやわらかくなり、毛穴のかさつきは抑えられ、目立たなくなるでしょう。また、紫外線への対策もかさつき毛穴の予防となるため、日焼け止めクリームや日傘などを用いて紫外線対策をしっかりおこないましょう。