意外と知らない毛穴の対策

毛穴のタイプとそのケア方法

開き毛穴

開き毛穴とは、お肌のキメが乱れて、毛穴が目立ってしまっている状態のことをいいます。特に、10代など若い頃にニキビに悩まされた人に多いといわれています。その理由とは、開き毛穴はTゾーン(額から鼻先)の皮脂腺が多く、皮脂の分泌が盛んな部位によく症状としてあらわれるからだといわれています。

また、Tゾーンだけでなく頬であっても、老化などによってお肌のハリが失われていくと、だんだんと毛穴は開いていってしまいます。 開き毛穴のケアとしては、とにかく皮脂を抑えるといったことが重要になってきます。

たるみ毛穴の場合と同様に、皮脂を取り除きすぎず、適度な油分を補ってあげるといった基本のケアをしっかりおこないましょう。ここで、ポイントがあります。開き毛穴の場合、化粧品やスキンケアなど外部からの刺激によって毛穴が開いてしまうことがあります。

その人の場合、オイルベース由来の基礎化粧品などによって油分を与えすぎている人も該当してしまいます。ただ油分を与えればいいというわけではないのです。また、肌の強さに自信がおありの方だとしても、メイクをしっかり落とさなかったり、ケアを怠たったりすることで、皮膚は衰え、後に開き毛穴になる恐れがありますので気を付けましょう。

また、遺伝的な関係から、両親に毛穴が開いて目立っている方がいる場合、お子さんも開き毛穴で毛穴が目立ちやすいことがあることも報告されています。その場合は、早い段階から、お子さんへのお肌の念入りなケアをおすすめします。