意外と知らない毛穴の対策

毛穴のタイプとそのケア方法

たるみ毛穴

たるみ毛穴とは、年齢を重ねることでお肌がたるむことから生じてしまう毛穴のことです。具体的には、たるみ毛穴は、年齢を重ねるにつれて、毛穴の周りの皮膚が衰えることで、その皮膚が毛穴の内側へと落ち込んでいってしまい、結果、毛穴が目立ってしまっている状態のことをいいます。

個人差はありますが、鼻や、鼻に近い部分の頬に生じることが多いといわれています。たるみ毛穴の特徴としては、黒ずみ毛穴や目詰まり毛穴、開き毛穴とは違って、年齢によって生じるのが多いことです。

よって、このたるみ毛穴のケア方法としては、表皮を若返らせる、そのために表皮を引き締めることが必要となってきます。表皮を引き締め、表皮にハリを出し、毛穴の周りのくぼみを引き上げてあげることが大事となります。

お肌へのケア方法としては、近年の検査や研究でこのたるみ毛穴に有効であるものとして、「リン脂質誘導体」がよいといわれています。よって、リン脂質誘導体を配合した美容液やクリームがたるみ毛穴をケアするコスメとして有効であるといえるでしょう。というのも、このリン脂質誘導体を配合した美容液は、使用を継続することによって、毛穴そのものの面積が縮小され、お肌のキメが細かくなるといわれているからです。

また、その他のケア方法としては、加齢によって生じる毛穴なため、アンチエイジングの対策コスメなどを利用して、お肌自体の老化を防いであげることによって、改善や予防に繋がると考えられます。