意外と知らない毛穴の対策

毛穴の基礎知識

毛穴の黒ずみの原因

お肌のスキンケア。それを考える上で世の中の女性がどうしても立ち向かわなければならないのが毛穴の「黒ずみ」。誰しもが悩んだことはあるでしょう。その黒ずみのメカニズムを単純に解説すると、その原因は毛穴の「角栓」によるものなのです。

肌をまもるためには、たくさん分泌されたほうがいいように思われる皮脂ですが、毛穴のトラブルというものはこの皮脂が原因で起こってしまうのです。たくさん分泌され過ぎてしまうと、毛穴が開きすぎ、そこに汚れが溜まってしまいます。この汚れこそ角栓とよばれるもので、空気に触れることによって酸化することで黒ずみとなってしまうのです。

毛穴から出る皮脂は、皮膚の外へ分泌され、皮脂膜にかわり、お肌を紫外線や直射日光、衣服の擦れなどからまもってくれるようなパックの状態になります。しかし、余分な皮脂は、お肌をべたつかせてしまいます。またそれと同時に古い角質が剥がれ落ちるのを妨げてしまいます。その古くなった角質は角栓にかわります。

角栓が作られてしまうようになった毛穴は、皮脂毛穴ともよばれます。皮脂毛穴になってしまった毛穴は、通常の毛穴よりも多量の皮脂の分泌を作用します。そこで角栓ができてしまっては、新たにでる皮脂によって角栓がどんどん大きくなって、固まりだしてしまいます。固まった角栓やその周りの皮脂は、紫外線にさらされることによって活性酸素が発生します。

その活性酸素を防ぐために、メラニン色素が分泌されます。この、メラニン色素が色素沈着をおこし、角栓などを黒ずませてしまいます。このような一連の流れが毛穴の黒ずみの原因となっているのです。