意外と知らない毛穴の対策

毛穴の正しいケア方法

洗顔のポイント

ひとことで洗顔といっても、いくつかのポイントがありますので、本項ではそれをご紹介いたします。

まず、洗顔料を手に取ります。ここでよく泡立てるのですが、この泡立てるのが意外に苦手な人が多いと思います。このとき、ぬるま湯を適時加えながら、人差し指、中指、薬指の三本を使って、手のひらの間に空気を入れるように円を描きながら擦り合わせるのがポイントです。こうすると、細かくふわふわの泡ができます。

それを顔に塗るというより、のせるといった感覚で泡の力で汚れを落としていきます。現在市販の洗顔料は、とても成分が強く、肌の上にのせてあげるだけで汚れを落としてくれます。強く擦ってしまってはお肌に余計な刺激が加わり、毛穴の皮脂腺から皮脂が余分に分泌されたり、お肌へのダメージとして残ってしまったりするので注意が必要です。

洗い流すのも、クレンジングと同様にちょっとぬるいなと感じるくらいのお湯で洗い流しましょう。また、せっかくここまで丁寧におこなっても、毛穴の奥などに洗顔料が残ってしまっては、それが黒ずみ毛穴などの原因となってしまうため、泡を顔にのせてから、30~45秒ほどで洗い流し始めるのがポイントとなります。

どうしてもニキビや顔のテカりなどを気にして、一日に何度も顔を洗う人や、その方がよいと言われる方がいますが、そんなことはありません。何度も洗顔してしまっては、お肌をまもっている皮脂が洗い流され、どんどんとお肌のバリア機能がなくなってしまいます。よって、一日に朝と夜の2回洗顔をおこなうのがよいでしょう。