意外と知らない毛穴の対策

毛穴とビタミンの関係

その他のビタミンと毛穴の関係

お肌をよい状態で保っていることが、毛穴にとってもよいということは、これまでにお話してきました。また、ビタミンCがお肌に与える効果というのは、高いということを挙げましたが、ここでは、その他のビタミンがお肌に与える効果というものを挙げ、紹介していきたいと思います。

まず、EPCというものです。EPCはビタミンCにビタミンEが結合した、両親和性の成分となります。両親和性というのは、水分にも脂質にもなじむという特徴のことをいいます。つまり、角質層に深く浸透していきやすいビタミンということになります。

このビタミンは高い抗酸化作用があるといわれ、活性酸素の除去や、保湿に効果があるとされます。 次にVCIPを紹介します。いまこのVCIPに少し注目が集まっています。VCIPとは、そもそもなんなのかということなのですが、これは油溶性ビタミンC誘導体といわれるものです。

簡単にいうと、ビタミンCに油分が結合されているものとなります。つまり、このVCIPが配合された化粧品などは、保湿力に優れ、肌を乾燥から守ってくれることとなります。また、なぜ注目が集まっているのかというと、従来の水溶性ビタミンCでは皮脂膜や角質層を通らないといった欠点がありました。

しかし、その点が改善され、かさつき毛穴に悩まされている方などは、積極的にこのVCIP配合の化粧品をご使用することをおすすめします。ただし、ビタミンやその誘導体は、お肌の状態が良いときにその真価が発揮されます。サプリメントや化粧品に頼るだけでなく、日頃のお手入れなどを心がけるのを忘れないようにしましょう。